ケンコープラス海外医薬品通販 10,000円以上で送料無料 AGA ED治療 ジェネリック

送料無料
10,000円以上のお買い上げで
送料無料!
偽物にご注意ください
偽物ジェネリック商品の多くはコピー商品であり粗悪品の可能性があります。
送料無料
10,000円以上のお買い上げで
送料無料!
偽物にご注意ください
偽物ジェネリック商品の多くはコピー商品であり粗悪品の可能性があります。
人気カテゴリー
初回特典 1分で完了!会員登録で500ポイント進呈

オリザ(Oliza) 5mg 100錠

OLIIT05T99
価格:3,770円 (税込)
37 ポイント
通常価格:円
% OFF

【送料について】
一度のご注文で、合計金額(税込)が10,000円に満たない場合、送料として1,000円が発生いたします。

数 量:

オリザ(Oliza) 5mg 100錠の概要

商品名 オリザ(Oliza) 5mg 100錠
ブランド Intas Pharma
有効成分 オランザピン(Olanzapine) 5mg
内容量 100錠
剤形 タブレット

オリザ(Oliza)の概要 ※ジプレキサのジェネリック

オリザは、Intas Pharma(インタス・ファーマ)社が開発した抗精神病薬の一種であり、ジプレキサのジェネリック医薬品です。主に統合失調症、うつ病、双極性障害などの精神疾患の治療に使用されます。

統合失調症は、現実感覚や思考力、感情の制御、社会性などが障害され、患者さんの日常生活に支障をきたす疾患です。この病気によって、幻聴や錯覚、妄想などの症状が現れることがあります。

オリザは、このような症状を軽減するための薬剤として、患者さんのQOL(生活の質)向上に貢献しています。ジェネリック医薬品であるオリザは、費用の面でも負担を軽減することができます。

統合失調症は、患者さんや家族にとっても大きなストレスとなります。そのため、早期の発見・治療が重要となります。

 

オリザの効果・効能

オリザは、第2世代抗精神病薬の一つであり、有効成分はオランザピンです。この成分は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニン受容体に作用することで、これらの物質のバランスを調整します。

統合失調症の症状は、ドーパミンシステムの過剰な活性化が原因の一つです。オランザピンは、ドーパミン受容体に作用してドーパミンの作用を抑制することで、幻覚、妄想、錯覚、不信感、社会的撤退などの症状を改善します。

また、うつ病や不安障害などの症状と関連があるセロトニンに対しても、オランザピンは効果的です。セロトニン受容体に作用することで、セロトニンの作用を増強し、うつ病や不安障害の症状を改善することができます。

さらに、オランザピンは、脳内のアドレナリン受容体、ヒスタミン受容体、アセチルコリン受容体など、複数の受容体に作用することが報告されています。これにより、オランザピンは広範囲の症状に効果がある可能性があります。

 

オリザの使用方法・注意事項

オリザは、医師が処方した用量を一日に一度、水と一緒に服用してください。食前または食後に服用することが一般的ですが、医師の指示に従って服用してください。

この薬の主な副作用には、以下の症状が報告されています。これらの症状が現れた場合は、速やかに医師に相談してください。

  • 眠気
  • めまい
  • 頭痛
  • 不眠
  • 体重増加
  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 口渇
  • 便秘
  • 下痢
  • 動悸
  • 血圧低下
  • 手足のむくみ
  • 皮膚のかゆみ
  • 発疹
  • 蕁麻疹
  • 筋肉の硬直


次の方は、この薬を使用することができません。使用することで副作用が強く出る可能性があります。

  • オリザの成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 昏睡状態の患者
  • 中枢神経抑制剤の強い影響下にある患者
  • アドレナリンを投与中の患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)
  • 糖尿病の患者、糖尿病の既往歴のある患者


併用注意薬としては、以下のものがあります。

  • 中枢神経抑制剤(バルビツール酸誘導体など)
  • アルコール
  • 抗コリン作用を有する薬剤
  • 抗コリン性抗パーキンソン剤
  • フェノチアジン系化合物
  • 三環系抗うつ剤
  • ドパミン作動薬
  • レボドパ製剤
  • フルボキサミン
  • シプロフロキサシン塩酸塩
  • カルバマゼピン
  • オメプラゾール、リファンピシン
  • 喫煙

また、併用禁忌薬としては、アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)、ボスミンがあります。他の薬を使用している場合や、新たに使用する場合は、必ず医師または薬剤師にご相談してください。

 

・使用方法に関しては、かかりつけの医師などに相談してからご使用ください。
・保管方法は、高温や湿気の多い場所は避けるようにしてください。
・副作用が出た際には、医師に相談することをおすすめいたします。

 

オススメの関連商品

レビュー

役立つ情報をお寄せください。